次戦のイタリアGPは6月2日!
MotoGP
PR

MotoGP 2024|5つの視聴方法とメリット・デメリットを徹底解説

シトヒ
記事内にアフィリエイト広告を掲載しています

2024シーズンMotoGPの日本での観戦方法は2023年と変わらず「BS日テレ」「MotoGP公式ビデオパス」「スカパー!」「Hulu」「TVNZ+」で視聴できます。

MotoGP 2024の見どころ

  • 2019年からタイトルを逃がしているレプソル・ホンダの復活
  • レプソル・ホンダからグレシーニ・レーシングへ移籍したマルク・マルケスのタイトル争い

本記事では、2024年度のMotoGP視聴にベストな視聴方法を選べるように、各プラットフォームでの視聴のメリット・デメリットを解説します。

この記事を読むことで、MotoGPに最適な配信サービスを選べます。ぜひ、最後までご覧ください。

MotoGP配信の5つのプラットフォーム

MotoGP 2024は、次のプラットフォームで配信されます。それぞれのメリット・デメリットからご自身の環境に最適なサービスを選んでください。

メリット・デメリット解説にジャンプ
料金放送・配信実況
BS日テレ
(ハイライト放送)
無料BS放送日本語
MotoGP公式
ビデオパス
124€ (1年契約)
24.99€ (1ヶ月契約)
インターネット英語
スカパー!
日テレジータス
1,419円
スカパー!基本料金429円+日テレジータス990円
インターネット
CS放送
日本語
Hulu1,026円インターネット日本語
TVNZ+無料インターネット
VPN要
英語

BS日テレでMotoGPの視聴

BS日テレは、日本国内でのMotoGPの主要な放送局の一つです。BS放送ならではの高画質でレースのハイライトを無料で楽しむことができます。

BS日テレのメリット・デメリット

メリット

  • 高画質な映像でレースを楽しめる
  • 日本国内のユーザーにとってアクセスが容易
  • 定番のテレビ放送で、特別な設備や追加料金が不要

デメリット

  • 放送はハイライトのみ
  • インターネットを通じた配信がないため、外出先での視聴はできない

BS日テレの視聴方法

BS日テレの視聴方法については、BS日テレの公式ウェブサイトをご確認ください。

MotoGP公式ビデオパスでMotoGPの視聴

MotoGP公式ビデオパスは、MotoGP・Moto2・Moto3・MotoEの全セッションのライブストリーミングや過去のレースアーカイブを見れるサービスです。

無料期間なし
料金6ヶ月契約 70€
1ヶ月契約 29.99€
放送・配信インターネット配信
実況英語のみ
コンテンツMotoGP/Moto2/Moto3/MotoE
4.5万本以上の豊富な動画
視聴環境スマホ/タブレット/PC
MotoGPビデオパスの概要

MotoGP公式ビデオパスのメリット・デメリット

メリット

  • ライブ中継だけでなく、過去のレースやドキュメンタリーも視聴可能
  • 海外でもスマートフォンやタブレットから視聴できる

デメリット

  • 日本語実況はなし(英語で実況)
  • 有料サービスであるため、月額料金が発生する
  • インターネット環境に依存するため、安定した視聴には高速な接続が必要

MotoGP公式ビデオパスの視聴方法

MotoGP公式ビデオパスは、MotoGPの公式動画配信サービスです。

MotoGPの全戦の予選、決勝、フリー走行、予選2、予選3などのライブ中継とオンデマンド配信を視聴できます。

過去のレースをいつでも見放題!

スカパー!日テレジータスでMotoGPの視聴

スカパー!は日本の代表的な衛星放送サービスで、日テレジータスではMotoGPの中継を提供しています。

スカパー!日テレジータスのメリット・デメリット

メリット

  • 高画質での配信が期待できる
  • 日本の主要なスポーツイベントも幅広くカバーしている
  • 専門チャンネルであるため、ファンにとっては魅力的なコンテンツが多い

デメリット

  • スカパー!やケーブルテレビの契約が必要
  • CS衛生放送の受信環境が必要

スカパー!の視聴方法

自宅がCSアンテナ対応か確認する方法

テレビのリモコンのCSボタンを押してCS161が見れればフジテレビNEXTも視聴可能です。CS161はスカパー!の無料チャンネルで、CSの視聴確認のために利用されています。

スカパー!の衛生放送サービス、CS放送なので映像の安定性は抜群です。

スカパー!を既に契約しているなら、スカパー!の基本プランでMotoGPを配信する日テレジータスで視聴しましょう。

加入月は視聴料0円!加入料も不要!

HuluでMotoGPの視聴

Huluは、多彩な映画やドラマ、スポーツ中継を楽しめるストリーミングサービスです。MotoGPの中継も提供しています。

Huluのメリット・デメリット

メリット

  • 様々なジャンルのコンテンツが一つのプラットフォームで楽しめる
  • インターネット経由での視聴のため、場所を選ばずに視聴可能
  • 他のエンターテイメントとセットで楽しむことができる

デメリット

  • MotoGP専門の配信ではないため、レースに関する深い情報が少ない場合がある
  • 月額料金が発生する

Huluの視聴方法

HuluでのMotoGP視聴方法やプランについては、Huluの公式ウェブサイトで詳細を確認できます。

【Hulu フールー】

Huluは、日本国内で利用できる定額制動画配信サービスです。

月額1,026円のサブスクリプション契約が必要ですが、映画、ドラマ、アニメ、バラエティ番組など、100,000本以上のコンテンツを視聴できます。

マルチデバイス対応でどこでも見れる!

TVNZ+でMotoGPの視聴

通常、TVNZ+は国内からアクセスすると、配信権の関係で制限がかかり、利用できません。

制限を解除するには、VPNでTVNZ+にアクセスする方法を参照してください。

TVNZ+のメリット・デメリット

メリット

  • 手軽に無料で視聴できる
  • インターネット経由での視聴のため、場所を選ばずに視聴できる

デメリット

  • 日本語実況はなし(英語で実況)

MotoGPの海外配信メディア

MotoGPの海外放映権は、国や地域によって異なるメディアが獲得しています。

以下に、主要な国々や地域での配信メディアについて詳しく見ていきましょう。

  1. ヨーロッパ地域
    • スペイン
      Movistar MotoGP(DAZNで配信)が主要な放送権を持っており、地元のファンには非常に人気があります。
    • イタリア
      Sky ItaliaがMotoGPの独占放映権を保有しており、イタリア語での解説が特徴です。
    • イギリス
      BT Sportが放映権を持っており、英国内でのMotoGPファンには欠かせない存在です。
  2. アメリカ大陸
    • アメリカ合衆国
      NBC SportsがMotoGPの放映権を持っています。ライブレースはもちろん、ハイライトや特別番組も提供しています。
    • ブラジル
      Fox Sportsが放映権を保有しており、ポルトガル語での放送が行われています。
  3. アジア地域
    • 日本
      前述のBS日テレやスカパー!日テレジータスが放映権を持っています。
    • インド
      Sony TENが放映権を保有し、多くのインドのファンにサービスを提供しています。
  4. オセアニア地域
    • オーストラリア
      Fox Sportsが放映権を持っており、オーストラリアのファンには欠かせない存在です。

MotoGP 2024の概要

年間スケジュール

参戦チーム・ドライバー

Team/MotorRider
レプソル・ホンダ・チーム
ホンダ
ジョアン・ミル
レプソル・ホンダ・チーム
ホンダ
ルカ・マリーニ
カストロール・ホンダLCR
ホンダ
ヨハン・ザルコ
イデミツ・ホンダLCRホンダ
ホンダ
中上貴晶
アプリリア・レーシング
アプリリア
マーベリック・ビニャーレス
アプリリア・レーシング
アプリリア
アレイシ・エスパルガロ
アプリリア・レーシング・インディペンデントチーム
アプリリア
ミゲール・オリベイラ
アプリリア・レーシング・インディペンデントチーム
アプリリア
ラウル・フェルナンデス
GASGASファクトリー・レーシング・テック3
ガスガス
アウグスト・フェルナンデス
GASGASファクトリー・レーシング・テック3
ガスガス
ペドロ・アコスタ
レッドブルKTMファクトリー・レーシング
KTM
ブラッド・ビンダー
レッドブルKTMファクトリー・レーシング
KTM
ジャック・ミラー
モンスターエナジー・ヤマハMotoGPチーム
ヤマハ
アレックス・リンス
モンスターエナジー・ヤマハMotoGPチーム
ヤマハ
ファビオ・クアルタラロ
ドゥカティ・レノボ・チーム
ドゥカティ
フランセスコ・バニャイア
ドゥカティ・レノボ・チーム
ドゥカティ
エネア・バスティアニーニ
ムーニーVR46レーシング・チーム
ドゥカティ
ファビオ・ディ・ジャンアントニオ
ムーニーVR46レーシング・チーム
ドゥカティ
マルコ・ベゼッチ
グレシーニ・レーシングMotoGP
ドゥカティ
アレックス・マルケス
グレシーニ・レーシングMotoGP
ドゥカティ
マルク・マルケス
プリマ・プラマック・レーシング
ドゥカティ
フランコ・モルビデリ
プリマ・プラマック・レーシング
ドゥカティ
ホルヘ・マルティン

まとめ

この記事では、MotoGP 2024の視聴方法とそのプラットフォームのメリット・デメリットについて解説しました。

MotoGPの魅力を最大限に楽しむために、自宅のインターネット環境や衛星放送の受信環境から選んでください。

“MotoGP公式ビデオパス”での配信は日本語環境ではありません。
日本語環境なら「日テレジータス」「Hulu」で視聴しましょう。

BS日テレを選ぶ理由
  • 無料でレースのハイライトのみを視聴する
  • BS放送を受信できる
MotoGP公式ビデオパスを選ぶ理由
  • 世界中どこからでもアクセスできる
  • 過去のレースアーカイブを視聴できる
  • ドライバーインタビューや裏側の映像も提供
スカパー!日テレジータスを選ぶ理由
  • 現在、スカパー!やケーブルテレビを使っている
  • MotoGP以外の多様なエンターテイメントコンテンツが楽しめる
Huluを選ぶ理由
  • 最安で日本語実況でMotoGPを観戦できる
  • MotoGP以外の多様なエンターテイメントコンテンツが楽しめる
TVNZ+を選ぶ理由
  • 無料でMotoGPを観戦できる
  • 世界中どこからでもアクセスできる
記事URLをコピーしました